小児矯正

早めの治療で将来に繋げる小児矯正

成長期に矯正を行うことには大きなメリットがあります。永久歯が生えそろう前に、あごの成長を利用してすべての歯がキレイに並ぶためのあごのスペースを確保できるからです。成長後にも矯正治療はできますが、あごの幅を変えることはできず、既存のスペースで歯並びを整えるしかないので、抜歯が必要となることがあります。しかし小児矯正に取り組めば、矯正のための抜歯を少なくすることが可能です。

(お子様に下記のような症状はありませんか?)

  • 頬杖をよくつく
  • 睡眠時にうつぶせ寝になる
  • 指しゃぶり
  • 爪噛み
  • 口呼吸
  • 猫背

このまま放置すると歯並びの悪化に繋がります

お子様の歯並びが気になった場合、「成長の過程で良くなるかもしれない」と思う方もいらっしゃいます。しかし、放置していて良い方向に向かうことは実際には非常にまれです。また、指しゃぶりや口呼吸などが習慣化している場合や、いびき、歯ぎしりがある場合などはその状態を改善しなければ歯並びが悪くなる可能性が高いです。ぜひ気が付いた段階で早めにご相談ください。

プレオルソ矯正について

プレオルソはマウスピース状の矯正装置を使用する小児矯正方法の一つです。永久歯が生えそろう前の3~11歳くらいのお子様が対象で、あごの骨が成長段階にあることを利用した効果的な矯正を目的としています。デメリットが多い口呼吸を鼻呼吸に誘導し、舌の位置が適切になるなどの作用があるので、歯並びが乱れる原因を取り除くこともできます。 痛みがほとんどなく矯正のための抜歯を予防できることもあって、お子様にとっての負担をトータル的に少なくしてくれる矯正方法です。

プレオルソ矯正の治療方法

マウスピース

マウスピース型の矯正装置が、口や舌を動かすための筋肉を適切に成長させるので、歯並びを悪化させるクセを取り除きます。

トレーニング

マウスピースをつけるだけでなく、口呼吸への誘導や、舌の位置を適切にするためのトレーニングも取り入れています。

プレオルソ矯正のメリット・デメリット

Meritメリット

  • 矯正時に抜歯に至る可能性が低い
  • 矯正時の痛みが少ない

Demeritデメリット

  • 継続的なトレーニングが必要

プレオルソ矯正の料金表

プレオルソ矯正装置費用

55,000円(税込み)


調整料(1回)

3,300円(税込み)


インビザラインファーストについて

アメリカのアライン・テクノロジー社は、「インビザライン」と呼ばれるマウスピースを使った矯正方法を開発しました。インビザラインは成人向けの矯正方法として1999年に生み出されています。この矯正方法は開発から20年ほどの間に、世界各国で多くの実績を積み重ねてきました。そして2019年に、インビザラインの実績や技術を小児向けに応用して開発されたのが「インビザラインファースト」です。

インビザラインファーストに適した年齢

インビザラインファーストは、上の前歯と6歳臼歯が2/3程度生えてきた時期(混合歯列が始まった時期)に適用される矯正方法です。個人差がありますが、目安としては7~9歳程度のお子様が対象です。小児矯正を行うべきタイミングは、お子様の歯並びの状況や成長具合によって異なりますが、当院では4歳くらいからを対象年齢としています。小児矯正の方法はいろいろありますので、気になった時に当院にお気軽にご相談ください。

咬合誘導とは

不正咬合には、受け口や出っ歯などのほか、叢生(歯並びが前後不規則に乱れている状態)や開咬(前歯を噛み合わせようとしても上下にすき間が出る状態)などいくつかの種類があります。当院はお子様の状態や年齢を踏まえて、さまざまな方法で噛み合わせを適正にする咬合誘導を行っています。例えば、舌側弧線装置(リンガルアーチ)やワイヤー矯正のほか、歯が抜けているとき歯並びが乱れることを防ぐ保隙装置などを使用します。

インビザラインファーストのメリット・デメリット

Meritメリット

  • 器具が目立たない
  • 取り外しができるため虫歯になりにくい

Demeritデメリット

  • 装着時間を守らないと効果が薄い
  • 症例によっては使用ができない

インビザラインファーストの料金表

上下両顎

605,000円(税込み)


片顎のみ

484,000円(税込み)


ページトップへ戻る